2007年09月06日

鬼ノ城

kinojyo.jpg桃太郎伝説にまつわる史跡のひとつで、「温羅(うら:鬼)が棲んでいた」と言われる場所。

鬼ヶ島とも言われる「鬼城山」山頂の朝鮮式山城を指す。そもそも温羅は、百済の王子だったと言われ、その城は、当時の日本では考えられない技術や規模を誇ったという伝説が残っている。

平成6年から、鬼ノ城整備のための調査が総社市によって行われている。高さ6mの城壁が山腹を縫い、谷をわたり、城内を囲む姿など調査が進むにつれ、次第に壮大な全体像が解明されつつある。

平成16年1月、約1300年ぶりに古代山城「鬼ノ城」の西門が再建された。この門は3層構造で、高さ約13m、奥行き約9m、吉備路一帯を見下ろすように建っている。

・所在地 総社市黒尾、奥坂
・岡山総社ICより車で15分
・問合せ先 総社市商工観光課 (0866)92-8277
ホームページ
posted by sunshine | 桃太郎伝説を求めて

血吸川

tisuigawa.jpg吉備津彦命が放った2本の矢のうち1本が温羅の左目に命中し、温羅の目から噴き出す血で清流が真っ赤に染まったと言われる。

温羅は血吸川を鯉となって逃げたが、鵜に変化した吉備津彦命に捕まり、ついに降参する。

・所在地 総社市西阿曽周辺
・総社市のホームページ
posted by sunshine | 桃太郎伝説を求めて

矢喰宮

yaguinomiya.jpg吉備津彦命が放った矢と温羅が投げた岩が空中でぶつかって落ちたという場所。

境内には大小4つの矢喰岩があり、吉備津神社と鬼ノ城との中間地点に位置している。

・所在地 岡山市高塚108
・岡山市のホームページ
posted by sunshine | 桃太郎伝説を求めて

鯉喰神社

coikuijinjya.jpg足守川沿いに建つ神社。

鯉に化け血吸川を泳いで逃げた温羅は、鵜に姿を変えた吉備津彦命によってここで捕えられたとされる。

・所在地 倉敷市矢部109
・問合せ先 倉敷市文化財保護課(086)426-3851

posted by sunshine | 桃太郎伝説を求めて

楯築遺跡

tatetukiseki.jpg吉備津彦命が温羅との戦いに備えて石楯を築き、防戦準備をしたと言われる神社の跡。

・所在地 倉敷市矢部
・問合せ先 倉敷市文化財保護課 (086)426-3851
・倉敷市のホームページ
posted by sunshine | 桃太郎伝説を求めて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。